【熱中症の実際】予防や症状、医療現場の実際を易しく解説!

【生活に役立つ】おススメ!

熱中症ってよく聞く言葉だけどどんな病気?熱中症になったらどうなるの?熱中症にならないためにはどうすればいいの?そんな疑問はありませんか?

そんな疑問を解消するため、熱中症とはどんな症状なのか、熱中症にかかったら医療現場ではどんなことをしているのかを易しく解説していきます。

熱中症という病気や医療現場の実際を知って頂き、熱中症の対策に少しでもお役に立てて頂ければ幸いです。

熱中症とは!

気温の上昇などにより体温が上がって、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、様々な症状を引き起こす病気です。体温は上昇し40度以上になることもあります。

熱中症の症状は!

熱中症の症状は、めまい気を失ったり筋肉の痛み筋肉が突っ張ったり手足のしびれ気分が悪くなったり頭痛吐き気、吐いたり、だるさや力が入らないなどです。

重症の場合高体温となったり、痙攣が起きたり意識がなくなることもあります。

熱中症の症状についての詳細は、環境省のサイトなどをご参照下さい。

熱中症を予防するには!

こまめな水分補給がメインとなります。カフェインやアルコールは尿が出やすくなり、余計に水分が失われるので注意が必要です。

スポーツ飲料や麦茶などミネラルを多く含んだ飲み物がお勧めです。また、塩分が失われますので塩分の含まれた食べ物も摂る必要があります。運動している人は特に、いつも以上の水分補給が必要です。
基礎疾患などにより、塩分制限や水分制限などのある方は主治医とのご相談が必要です。

外出時はなるべく日陰を歩き、帽子や日傘を使い、直射日光を避けることをお勧めします。

家の中にいても暑さにより水分は日々失われていますので、いつも以上の水分補給と扇風機やクーラーなどで涼しくして過ごすことが大切です。

冷たいペットボトルや冷たいタオルなどで、太い血管のある首の周りを冷やすことによって、体温を上昇させることを防ぐこともできるのでお勧めします。

熱中症の予防に関しての詳細は、環境省のサイトなどをご参照下さい。

  • ミネラルの多く含んだ飲み物でいつも以上に水分補給する!
  • 塩分制限や水分制限などのある方は、主治医とのご相談が必要
  • 体温を下げるために冷たいペットボトルや冷たいタオルなどで首の周りを冷やす

熱中症における医療現場!

熱中症になったら、失われた水分や塩分などの電解質を点滴で補給することがあります。

けいれんや意識がなくなると救急車で運ばれてくることが多く、体温も40度以上になっていることもあります。

体温が高い場合は、病院にもよりますが水風呂や冷たいシャワー、氷などで早期に冷却を行うことがあります。また、事前に冷やしてある冷たい点滴を使用したりすることもあります。

処置や治療などにより、病状が改善されれば、症状も改善されます。

重症の場合は、いろいろな臓器にまで障害が及ぶので、その障害に対する治療を行うこととなります。

熱中症の診療に関しての詳細は熱中症診療ガイドラインなどをご参照下さい。

  • 失われた水分や塩分などの電解質を点滴で補給することもある!
  • 高体温の場合は体温を下げるために冷却に努め、冷たい点滴などを使用することもある!
  • 重症となり色々な臓器に障害が起こった場合は、その障害に対する治療が必要となる!

まとめ!

  • 熱中症の症状はめまい気を失ったり筋肉の痛み筋肉が突っ張ったり手足のしびれ気分が悪くなったり頭痛吐き気吐いたりだるさ力が入らないなど!
  • 重症になると高体温となったり、痙攣意識が悪くなったりする可能性がある!
  • 熱中症予防にはミネラルの含んだ飲み物をいつも以上に飲む
  • 基礎疾患などにより塩分制限や水分制限などがある方は、主治医とのご相談が必要です。
  • 体温が上昇しないように涼しい所で休憩し、首などを冷たい物で冷やす
  • 医療現場では必要に応じて冷却を行ったり、冷たい点滴を使用したりすることもあります!

最後に!

熱中症の予防に努めていても、年々気温の上昇により、熱中症を完全に防ぐことはできません。

熱中症になってしまった場合は、医療スタッフが全力で支えてますのでご安心下さい。パッチSmile!

コメント

タイトルとURLをコピーしました