【ポジティブシンキング】ネガティブ思考から抜け出す3つの方法!

【生活に役立つ】おススメ!

こんにちは。パッチSmileです!

ポジティブに考えようとしても、なかなか難しくないですか。

ネガティブスパイラルに陥ると、なかなかポジティブにもっていけないですよね。

気分がいい時もあれば、良くない時もありますよね。

ポジティブに考えたいけどネガティブになっちゃう。
ネガティブから抜け出したいけど、どうしたらいいんだろう。

そんな疑問ってありませんか?
そんな疑問を解決させます。

ネガティブな人とポジティブな人の違いって考え方が違うだけなんですよね。

言葉や考え方をポジティブにもっていくだけでポジティブな人生を送れます。

この記事を読むと、ネガティブ思考をポジティブ思考に変えられるようになります。

本記事の内容!

ネガティブ思考の原因!
ポジティブ思考の考え方!
ネガティブから抜け出す3つの方法!

  1. ネガティブ思考をポジティブ思考に変える!
  2. ネガティブは心と思考のバランスを整える!
  3. ポジティブな人をイメージする!

この記事を書いているパッチはネガティブスパイラルに陥った経験があります。

ポジティブに持っていく方法を色々調べました。
研修も受けました。

そしてネガティブ思考を克服しました。

そんなパッチが解説していきますね。
パッチの詳しいプロフィールはこちらから。

それでは、常にポジティブ全力のパッチが説明していきますね。

ネガティブ思考の原因とポジティブ思考の考え方!

楽しい時ってネガティブ思考にならずにポジティブでいられますよね。

これって人間の感情が関係しているんですよね。

考え方って感情が左右するんですよね。

何か嫌なことがあったら、嫌な気持ちになりますよね。

生活していると自分にとって嫌なことって必ずありますよね

嫌な時の感情ってありのままの自分なので、受け入れていいんですよ

喜怒哀楽ってありのままの自分なので、変えられないんですよね。

ただ、考え方を変えることでネガティブをポジティブにもっていくことが可能です。

人間の欲求についても説明しておきますね。

人間の欲求には食欲と睡眠欲があり、満たされなければイライラしたり落ち込んだり、感情が変化してしまいます。

食欲と睡眠欲を満たすことも感情をコントロールする上で大事なことなんですよね。

毎日生活していれば眠れない時もありますよね。

例えば、睡眠時間が3時間しかとれなかった場合!

その場合の考え方ですが『3時間しか眠れなかった』って人もいれば『3時間も眠れた』って考える人もいるんですよね。

『3時間しか眠れなかった』っていう考え方を『3時間も眠れた』!!!

このように考え方を変えることが必要となります。

この3時間も眠れたっていう考え方がポジティブシンキングになります。

可能であれば、人間の生理的欲求は満たしておくと感情の変化を抑えられます。

ホルモンバランスなどでも感情が左右されますが、それに関してはどうしようもないですよね。

なので、感情に対するネガティブ思考は、ありのままに受け入れて大丈夫です。

考え方をネガティブな言葉からポジティブな言葉に変換して、脳に伝えることが重要です。

ネガティブ思考をポジティブ思考に変える!

ポジティブ思考の考え方は、嫌な言葉を良い言葉に変えて脳に伝えることなんですよね。

ここ凄く重要なポイントです。

『ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換して脳に伝える』

感情はすぐに変えられないですよね。

そこで、感情は変えずにありのままに受け入れて大丈夫です。

変えられるのは考え方なんですよね。

何か失敗した時、何か嫌な事を言われた時、睡眠時間がとれなかった時。

そんな時に考え方を変えるだけで、ネガティブからポジティブに変えられます。

例えば何かを失敗した時!
何かを失敗したら、感情的には落ち込みますよね。
感情は人間の生理的な問題なので、ありのままに受け入れて大丈夫です。

『失敗した、災厄だ』ではなく!

  1. 『失敗したけど大丈夫』
  2. 『よかった、この失敗がなければ次の成功はない』
  3. 『この経験があるから未来がある』

そんな考え方にもっていくんですよね。

失敗は誰にでもあるんですよね。

言葉を変換するといいですよ。

それがポジティブシンキングの技術になります。

ポジティブシンキングの技術を備えると、ネガティブな考え方から抜け出せます

例えば嫌なことを言われたり、嫌なことをされた時!
嫌なことを言われて『嫌だな、落ち込むな』ではなく、嫌な事を言われたけど『気にしない』

言葉を変えて脳に伝えるんですよね。

それがポジティブシンキングの考え方としてとても重要なので、言葉の変換を訓練してみるといいですよ。

先ほどの睡眠時間のネガティブ思考についておさらいしておきますね。

『3時間しか眠れなかった』ではなく、『3時間も眠れた』と言葉を変換するといいですよ。

この考え方を常に訓練しているとポジティブ思考を手に入れることができますよ。

ネガティブな言葉を発していると、常にネガティブな考え方になってしまいますので言葉にも注意が必要です。

ポジティブな言葉を心がけることがポジティブ思考では大切なことになります。

ネガティブは心と思考のバランスを整える!

ここでは、心のバランス、いわゆる感情のバランスを整える重要性と方法をお伝えしていきます。

先ほどネガティブ思考の原因に、感情と考え方が左右していることをお伝えしましたよね。

感情は、ありのままに受け入れて大丈夫とお伝えしました。

ですが、いつまでもネガティブな感情でいると、ネガティブからポジティブに抜け出せませんよね。

最初は嫌な感情を受け入れて、その後にポジティブな感情へもっていく

ネガティブな感情も、行動することでポジティブにもっていくことが可能です。

感情をポジティブにする方法!
1.人と話をすること!
2.人と繋がること!
3.食欲と睡眠欲を満たすこと!

一つずつ説明していきますね。

人に話をするってことは、自分の中に貯まっているネガティブなものを外に出すことができるんですよね。

人に話をしないと長く自分の中に抱え込んでしまうんですよね。

なので、自分の中に貯まっているネガティブなものを外に出すことを心がけてみて下さいね。

紙に書いたり、SNSでつぶやいたり、人に話をしたりすることが大切ですね。

人と繋がるっていうのは、自分1人で抱え込まないってことなんですよね。

人と話をしたり、遊んだり、人と繋がって楽しい感情、ポジティブな感情を沢山自分に取り入れることが重要となります。

嫌な人と繋がっては良くないですよね。

自分にとってプラスの人、家族や友人、恋人、誰でも大丈夫です。楽しい人、癒しになる人と繋がることが大切です。

ポジティブなことを取り入れるとネガティブがどこかに行ってしましますよ。

人間の生理的欲求の食欲睡眠欲を満たすことも忘れないで下さいね。

人間の生理的欲求が満たされていないと感情が左右されますので、できる限り満たすことが必要です。

眠れない日があったとしても『3時間も眠れた』『今日の夜はぐっすり眠れそう』

そのようにポジティブ思考にもっていくことが大切です。

ポジティブな人をイメージする!

ポジティブな人をイメージするって凄く大事なことなんですよね。

身近な方にポジティブな人っていませんか?

あの人に話しかけられると元気になる。
なんとなく気分がよくなる。

そんな人をイメージして自分の脳にポジティブイメージを埋め込むんですよね。

そうすると脳にポジティブな考えが伝わり、ネガティブから抜け出せます

イメージトレーニングって凄く重要で、身近な人から元気がもらえない時ってありますよね。

そんな時は常に元気な人を意識する。

ポジティブな人をイメージする。

ポジティブで元気な人を常にイメージしておくといいですよ。

まとめ!

  1. ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換して脳にポジティブを伝える!
  2. ネガティブな時は言葉や感情を紙に書いたり人と話をして外に出す!
  3. ネガティブな時はポジティブな人と繋がり感情をポジティブにもっていく!
  4. 食欲と睡眠欲を満たし自分の生理的欲求を満たす!
  5. ポジティブな人をイメージし脳にポジティブを埋め込む!

ポジティブ思考の全ては感情と考え方なんですね。

そうなんですよ。
感情と考え方をコントロールすることができればポジティブな人生を送れますよ。

最後に!

ポジティブシンキングってすぐには身につかないかもしれません。

何度かこの記事を読み直してみて下さいね。

必ずネガティブからポジティブに考え方が変わってくると思います。

ポジティブシンキングのスキルを身につけて人生を楽しんで下さいね。

どうしてもネガティブから抜け出せない。そんな時は全力で遊んで下さいね!!!
全力で遊ぶと必ずネガティブから抜け出せます。

ポジティブになれるよう応援してます!

ネガティブすぎてやる気が出ない時はこちらの記事をご覧下さいね。

ぐっすり眠れていない時はこちらの記事をご覧下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました